×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

必要性の高い簿記検定とは

この前までは、財務部や経理部などが、取得を目指す資格だったのですが、近年ではIT業界や営業の部門
でも取得を勧めるところが多くなってきています。その理由はと言うと、簿記の知識は、現在や将来の利益
を測定するための企業会計や財務諸表の法規を理解して、 経営分析,経営管理の基礎スキルになるためです。
今後はキャリアアップを目指すビジネスマンにとって欠かせない資格になっていくでしょう。又、学生達の
就職活動とかにも、とても有利に働くと言われています。試験は一年間に3回2月,6月,11月に行われています。
簿記検定にはたくさんの顔があります。 簿記はすべてにおいてのビジネスの基礎であり、 簿記を教わること
によって企業の活動や経済のシステムがよくわかるようになります。 社会人の方々はもちろん就職をまじか
に控えた学生の方々にとっても、 簿記検定の知識の獲得をすることはビジネス社会で活躍する上での大きな
財産になりますし、武器ともなります。

効率よく簿記検定を勉強するには

まず、日商簿記2級試験には、商業簿記だけでなくて、簡単な原価計算を含みました工業簿記などが、初め
て問題が出されることになります。<商業簿記>でありましても<工業簿記>でありましても基本的な決算
や仕訳のシステムはほとんど一緒なのですが、一般的に【工業簿記は難しい】と言われております。そこで、
2級程度の資格試験であれば自己流の勉強でも十分に可能ですが、専門的なセミナーや講座を利用した時の
スタイルの方が、実は効率よく勉強できます<長い年月の経験値・歳月を要して培ってきたノウハウを持って
いるため>といった受験者も少なくないようです。ただし、悪質的な講座(通学,通信)などの被害に遭わない
ためにも、まずは多くの会社に資料の請求を行った後、以下にあげるような所を検討,比較して、自分自身に
マッチしたセミナーや講座等を選択するようにしましょう。自信のない方とか以外は、受験費用を節約する
意味でも、最初から日商簿記2級試験を見据えた勉強スタイルで資格試験勉強に励んだ方が良いと思われます。

簿記検定の概要

常に安定して人気がある資格の簿記ですがそれは、簿記が経済の入口の資格だからなのです。一般の企業や
金融機関などの経理部門で欠かすことのできない、帳簿の決算や記入、原価計算など、計数管理の実務に関
わりのあるスキルが身につけられ、就職やキャリアアップにとても役立ちます。 又、中小企業や商店などの
経理事務の補助を副業にできるメリットもあります。近頃では、簿記を習得していると企業の原価計算や収支
がわかることから、営業の関係でも歓迎されております。このように簿記は、企業の経営に代表される一般
社会のシステムを、効率的に知るための最も有効な資格として、いろいろな面々で高いニーズがあります。
簿記検定の試験は、入門者向きの4級から会計学や原価計算の知識も必要となります1級までの4段階です。
就職活動や転職活動では通常2級以上が評価されております。又、1級合格者は税理士の受験の資格が得ら
れるため、税理士として独立開業を目標とする場合の基盤となります。

Copyright © 2007 資格取得への道 簿記検定合格!